筋トレと筋トレサプリの関係性。実際に効果があった筋肉サプリとは

筆者には兄がいます。

兄は色白で背が低いのがコンプレックスで高校生くらいからいつも筋トレをしていました。

把握している限りでは毎日50kgのダンベルを上げ下げし、HMBサプリをしっかり飲んでいました。

仕事も肉体労働を選び、車のドアを持ち上げて車体にくっつける作業をしていました。

兄が愛飲していた筋トレのHMBサプリがあり、それはビルドマッスルというHMBサプリでした。

いつもリビングの床にこのHMBサプリが置かれており、HMBサプリを飲んでいる様子を見る限りは茶色い粉末を牛乳で割ったものをよく飲んでいました。

よく飲んでいたのはゴールドのパッケージのもので、チャック部分が赤色のものです。

調べて見ると「ビルドマッスルHMB」という商品でした。

トライアルタイプも出ていて自分の体に合うかチェックできるようです。

HMBというのはロイシンが原料で、吸収の良い成分のようです。

トレーニング直後など摂取ポイントに合わせてたんぱく質を補充できるので理想的な体作りには最適なようです。

さらにBCAAなどが配合しています。

このHMBサプリは1日2回、全部で1,500mgを目安に飲むことでアスリートが1日に必要とするHMBサプリを摂取することで栄養分を蓄えるのが狙いのようです。

HMBサプリもそうですが、ダンベルによるトレーニングも大きく作用しているようでした。

夏の長期休暇で家に居るときも食が細くろくに食べていないのに筋肉だけはしっかり残っているので不思議でした。

1日ゲームをしたりしてほとんど動かなければ筋肉は後退するはずです。

せっかく割った8分割の腹筋もじっとしている日が10日ほどしたら減るのではないかと思っていましたが、一向に減りません。

運動をする頻度は減ったものの時々トレーニングをしてビルドマッスルHMBをしっかり飲んでいたのが現在の筋肉キープに繋がっているようでした。

そのため、筆者の中ではビルドマッスルは効果のあるHMBでありサプリであるという印象を持つようになりました。

筋トレを行う上で大切な事

これから夏本番がきます。

そこで筋トレをしようと思っている方が多いと思います。

でもどのような筋トレを行なったりしたらいいか分からない方もいます。

なので筋トレを行なうえで大切な事を紹介していきます。

筋トレの前にしっかりストレッチをする

筋トレの前にストレッチをしっかり行いましょう。

どのスポーツでもですか、準備運動わとても大切になります。

この準備運動をめんどくさがって怠ると、競技中に怪我をするリスクが増えてきます。

筋トレでも同じです。

筋トレわ負担使わない筋肉に今までに無い刺激を与えます。

この時に、筋繊維にわもちろん関節や靭帯にも大きな負担をかける事になるのです。

なのでトレーニングを行うターゲットの筋肉や関節をしっかり温めておかなければ、ひどい肉離れや関節や靭帯を痛めてしまいます。

関節などわ消耗品です。

一回怪我をしてしまえば、なかなか治りませんし、その部分わまた怪我をしやすくなります。

こうなってしまえば、筋トレどころじゃありません。

なのでしっかりと準備運動を行う必要があります。

筋トレ中にわフォームを意識する

筋トレ中にわフォームを意識する必要があります。

良くジムなどで無理な重量を扱っている方がいますが、ハッキリ言ってターゲット部位だけで上げている方わ少ないです。

無理な重量を上げるという事わ、フォームが崩れて他の筋肉に負荷が分散している可能性があります。

なので最初から反動をつけないと上がらない重量も重すぎます。

筋肉を行う時にわ重量でわなくフォームが第一です。

しっかりターゲット部位だけで重量を上げていく事で太くなります。

なのでフォームが崩れない程度の重量を扱うことが筋肥大への近道と言えます。

どうだったでしょうか?

筋トレを行う際にわ重量よりも、準備運動とフォームが大切になってきます。

この事をしっかり理解した上で重量を扱っていくといいと思います。

この事を参考にして自分なりのフォームや、やり方を見つけて行くのも筋トレの楽しみ方でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です